黒にんにくの場合は臭いが抑えられている!

にんにくの良さと言えばあの独特の臭いだと思うのですが、この臭いが嫌いだからにんにくは嫌だという人もいますよね。

私はどちらかと言えばあの臭いが好きな方なのですが、最近話題になっている黒にんにくは臭いがかなり抑えられているそうです。

あの臭いが好きという私には臭いがないのはちょっと残念なのですが、一般的には臭いはきつくない方が嬉しいですよね。

特に女性なんかは口臭とかのことを考えると気になって食べることも出来ないでしょう。

黒にんにくは最初から黒いわけではなくて発酵させることで色が黒くなるらしいのですが、発酵すると言われると臭いはきつくなるようなイメージをしてしまうのですが逆なんですね。

サプリメントとして食べる場合は味までは分からないと思うのですが、そのまま食べると甘酸っぱさがあるらしいです。

一体どんな味かはあまり想像することは出来ませんが、体調が悪いのでそのままでもサプリメントでもいいから私も黒にんにくを食べてみたいと思いました。
特に冷え性を改善する効果もあるらしいので気になります。”

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

黒にんにくのおかげで免疫力アップ!疲労回復!

黒にんにくには、普通のにんにくと比較して、アルギニンという成分が3倍近く入っているそうです。この成分は、アミノ酸の仲間。老化防止や免疫力を高めるといった効果があるようで、私もそれを実感したことがあります。

 

 

子供がインフルエンザにかかった時、つきっきりで看病をしていたこともあり、感染するのも時間の問題と思っていました。疲労困憊といった状況の中、かかりつけの病院で黒にんにく注射を打ってもらいました。

 

 

その後、疲れも吹っ飛びましたし、息子から咳をかけられたりしても、移ることもありませんでした。看病をしながら、疲れた時に注射を受けに行きましたが、パワーがみなぎってくるのが、自分でも分かりました。

 

また、アレルギー疾患にも効果的なようで、時々出ていたアトピー性皮膚炎の症状も、一切なくなりました。痒くて眠れない日もあったりしましたが、黒にんにくのおかげで改善されました。

 

 

にんにくの臭いがしてしまうという心配もないので、気兼ねなく続けられます。臭いがあると外に出られないですからね。口が臭くて迷惑をかけてしまいますから。

 

それと、黒にんにくがどうしてインフルエンザなどの感染症に対して効果があるかっていうのは、風邪、インフルエンザなどの感染症から身を守り、免疫力を高める働きが期待できる黒ニンニクで詳しく解説されているので参考までに。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

熟成された黒ニンニクは、ドライフルーツの様な感じで、食べやすい食品です。

「黒ニンニク」を、百貨店の食料品売り場で初めて見る事ができました。

試食のものをとても美味しく、味わって食べました。

ニンニクを発酵している事で、とても食べやすかったのです。
「黒ニンニク」の効果としては、白ニンニクの数十倍の抗酸化作用があるのです。
その為に健康や美容にもよく、生活習慣病への予防食品としても有名です。

「黒ニンニクの良さ」を、私は以前から知ってはいました。
それは高血圧である娘の義理のお父さんが、自分で炊飯器で「黒ニンニク」をつくって食べ続けているのです。
食べ続ける事で、身体の調子が良いと以前から聞いていました。

簡単に百貨店で購入する事もできますが、自分でつくる発酵黒ニンニクはお安く仕上がるものです。

「黒ニンニク」をつくるにも、準備するものとしては保温できる炊飯器が必要です。
・ニンニク中15個
・ガーゼ1袋
・炊飯器に入る竹籠1つ

竹籠の中にニンニクの塊やばらを一緒にいれます。
それを炊飯器に入れて、ガーゼをニンニクの上にかけます。(この際にはガーゼが炊飯器に触れない様にして下さい)

炊飯器の保温状態の所にいれます。
保温スイッチの炊飯器のニンニクは、1日に1回並べ替えて、2週間で「黒ニンニク」が出来上がります。

熟成された「黒ニンニク」は、ドライフルーツの様な感じでとても美味しいものです。

NHKでもこの黒にんにくっていうは初めての味、黒にんにく!@北村有紗 | ふるさとツアーズ2 | こでらんに5:NHKで取り上げられていましたが、もしかしたら黒にんにくブームがくるかもしれないですね。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

黒にんにくだったら毎日食べられる。

私が初めて黒にんにくの存在を知ったのは、田舎にあるひなびたお風呂屋さんの売店でした。

 

そこには小さな販売コーナーがあり、黒にんにくについてその効果や詳しい商品についてなど説明書きがたくさん書かれていて、とても魅力を感じました。

 

それまで1度も見たことも聞いたこともなかったので、私の勝手な印象ではとても臭くて食べにくくて、挑戦してみようとは思いませんでした。

 

しかしそのキャッチコピーを見てみると臭いが全くないと言う事だったので、本当かどうかとても不思議に思いました。生で食べても費用としてもあんなに臭いニンニクがどうして臭くない状態になっているのかとても気になってしまい、生まれて初めて黒にんにくをそこで購入したのです。

 

 

健康管理については以前から意識があり、黒にんにくは非常に体によく、血行促進や血液サラサラなどたくさんの効能がありそうなので早速家に帰ったら食べてみようと思いました。

 

食べてびっくり全くにおいがなくまるで干しプルーンのような、甘いデザートのようでした。これなら毎日食べられると思いました。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

抜群の抗酸化力によって老化やがんなどの病気の予防が期待できる黒ニンニクの魅力

黒にんにくといえばいまひとつ馴染みが薄いかもしれませんが、実際のところ、長い期間をかけて熟成と発酵の過程を繰り返しているので、白いニンニクより栄養価がずっと高くて健康促進効果も高いです。

 

 

その中のひとつは老化の進行を遅らせる効果や、病気にかかりにくくする効果が期待できる抗酸化作用です。人間が老化したり病気にかかったりするのは活性酸素が大きな要因を占めています。

 

 

そこでアンチエイジングや病気の予防には活性酸素の除去が必要となりますが、黒にんにくはそのような活性酸素を取り除く効果が期待できます。

 

 

その黒ニンニクの抗酸化力は白ニンニクのおよそ10倍です。それに加えてがんの予防効果が期待できる成分であるS-アリルシステイン、ポリフェノールやアミノ酸は数倍から数十倍にも高まります。

 

老化においてはしわが増えたりして決して好ましいことではないが、ましてがんにおいては命の危険すら伴うので、がんの予防が期待できる黒ニンニクの恩恵を受けたくなるものです。

 

おまけに白ニンニクのような独特の臭みや刺激臭がなく、むしろ甘みを感じてニンニクとは思えない心地よい味わいを感じることができるので、ニンニク本来の先入観を捨てて黒ニンニクを積極的に摂取したいものです。”

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

生活習慣病予防に黒にんにくを食べたい

黒にんにくは黒い色の品種のにんにくなのかと思っていました。調べたら、普通のにんにくが化学反応を起こして熟成する過程で黒くなったものが黒にんにくで、品種は関係ないとのこと。

 

にんにくは健康に良いものというイメージがありますが、黒にんにくは普通のにんにくよりも有効成分が豊富に含まれています。

 

普通のにんにくも、抗酸化作用や抗がん作用が有名ですが、黒にんにくは更にすごいです。

 

普通のにんにくにはないS-アリルシステインというポリフェノールの一種が含まれていて、この成分には動脈硬化や血栓の原因になる悪玉コレステロールの酸化を防いでくれる効果が強いことが分かっていて、アルツハイマーなどの痴呆症にも効果が期待されている成分です。

 

熟成させることで、ポリフェノールやアミノ酸の含有量が通常のにんにくよりも多くなり、抗酸化作用は10倍になるとの検査結果も出ています。

 

どにんにくを食べるなら、普通のにんにくよりも黒にんにくの方が効果がありそうですね。

 

ただし、黒にんにくを通販するには注意点もあるみたいです。というのも、黒にんにくはその栄養成分を増加させるためには熟成方法やその期間も大きく関係しているからです。S-アリルシステインなどの栄養成分を最大限に増やすためには製法も大事なんですね。

 

黒にんにくの効果にも影響してくるので、製法については要チェックだと言えます。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

黒にんにく、食わず嫌いは勿体無い

テレビや店頭で見たことはあったけど、実際に試したことはなかった黒にんにく。

健康に良いと言われても、生のにんにくのにおいが苦手で、にんにくの漬物なども好かないので、なんとなく避けてきた。

しかし先日、縁あって知人から頂いてしまった。

にんにく嫌いだから食べたことないと口にしたら、黒にんにくはにんにくと違うからと力説され、騙されたと思って食べてみなと押しつけるようにして渡された黒にんにく。頂いてしまったからには、食べざるを得ません。

皮付き丸ごと一個のにんにくを頂いたのだが、どうやって食べるのかさえわからない。ネット検索したところ、果物のように皮を剥いてそのまま食べるものらしい。

真っ黒な実は、にんにく独特のにおいはせず、思ったより柔らかい。恐る恐る齧ると、不思議な食感と甘み。にんにくとは全く異なる食感に困惑しつつ、残りを口に入れて咀嚼。ドライフルーツのような歯応えと甘みです。確かににんにくと黒にんにくは全く別物で、びっくりしました。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

黒ニンニクは白ニンニクと違って重要な栄養成分も失われない

最近、黒ニンニクという言葉をよく聞きますが、実際のところ外見上には違和感を感じがちである黒いニンニクは果たしてどのような効能があるのか疑問に思うことも多いかもしれません。

 

黒ニンニクは白ニンニクと違って独特の臭みや刺激がないのがに魅力的です。

 

本来ニンニクには疲労回復や元気や活力の源で長所であるのに、独特に臭みが気になって敬遠しがちになりますが、黒いニンニクだとそのようなデメリットがないので摂取しやすくなります。

 

白いニンニクの臭みはニンニクを切ったりすりおろしたりするときに生じるアリシンという成分が原因です。

 

このように不快な症状をひきおこすアリシンですが、実際のところ、スタミナを増強したりがんを防ぐことが期待できたりと健康の促進につながるとても大切な成分なのです。

 

しかし調理の過程でニンニクを高温で加熱するといやな臭みこそは消えますが、健康の促進につながる成分まで消えてしまうのは悲しいことです。

 

そのような問題を解決するには黒ニンニクの出番となります。

 

黒ニンニクは白ニンニクのような独特の臭みや刺激がないばかりか、がんの予防が期待できたりスタミナ増強などと大切な健康を促進する成分は失われないので、健康促進のためにニンニクを食べたいと思うならばぜひ黒ニンニクを試してみられることをおすすめします。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

美容に役立つ黒にんいく

この間、美容雑誌で黒にんにくの特集が組まれていました。

 

にんにくを熟成発酵させた黒にんにくには様々な健康効果があると話題になっているそうで、スタミナアップや疲労回復、免疫力の強化を始めとして、ガンを予防する効果まであるんだそうです。

 

 

もちろん、健康にいいだけじゃなく女性必見の美容効果も隠されていると載っていました。

 

ダイエットにもとても良くて、代謝をアップして脂肪を燃えやすくしてくれるから、黒にんにくを取るだけで痩せられそうなんて思いました。

 

 

基礎代謝はエネルギーをいかに効率的に使えるかに関わっていて、雑誌にのっていた調査では黒にんにくには10%も基礎代謝をアップさせる作用があると知ってびっくりです。

 

いつもと同じ食べ物を食べて普通に生活するだけでも脂肪が少しずつ減っていって、楽チンダイエットができそうです。

 

 

また、アンチエイジングや美肌にも効果的で、肌の老化を進める活性酸素を抑えてくれるんだそうです。

 

シミやしわ、たるみなどの軽減に役立ち、見た目年齢を若くできそうです。

 

代謝アップ機能で肌のターンオーバーも正常化されますから幅広い肌の悩みを改善してくれて、万能タイプでどんな女性にも向いてそうです。

 

今、50代から60代ぐらいの女性の間では黒にんにくが一種のブームのようになっているみたいですが、まさにアンチエイジング効果を文字通り肌で実感している、というのがあるのではないでしょうか?

 

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする

黒にんにくと相性がいい食品

黒にんにくは人間に必要な栄養素が豊富に含まれています。そんなにんにくは古くは紀元前4,000年頃の古代エジプトの6,000年も前からあったそうです

 

 

そんな黒にんにくと相性がいい食べ物はというとまずはおすすめなのが豚肉です豚肉はビタミンB1を豊富に含んでおり疲労回復などの効果を期待できます

 

 

黒にんにくと卵黄の組み合わせも相性が良く卵黄のビタミンEとの効果で抗酸化作用が期待できまた血行を促進するにんにくと一緒に摂ると、美容や冷え性改善にも効果があります。

 

 

玄米や大豆食品とも相性がよく疲労回復や美容効果または免疫力アップも期待できます。ビタミンCの豊富な野菜類などともとってもいいですねそしてタウリンを含むイカやタコなどと一緒にたべるとコレステロール低下の作用や血圧を安定に保つ働きがあり更なる相乗効果が期待できます。

 

 

あとは黒にんにくは発酵食品なのでほかの発酵食品などとも相性がよく何と言っても黒酢との相性は抜群なのでサプリメントとしてもたくさんの種類が売られています。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 | コメントする