抜群の抗酸化力によって老化やがんなどの病気の予防が期待できる黒ニンニクの魅力

黒にんにくといえばいまひとつ馴染みが薄いかもしれませんが、実際のところ、長い期間をかけて熟成と発酵の過程を繰り返しているので、白いニンニクより栄養価がずっと高くて健康促進効果も高いです。

 

 

その中のひとつは老化の進行を遅らせる効果や、病気にかかりにくくする効果が期待できる抗酸化作用です。人間が老化したり病気にかかったりするのは活性酸素が大きな要因を占めています。

 

 

そこでアンチエイジングや病気の予防には活性酸素の除去が必要となりますが、黒にんにくはそのような活性酸素を取り除く効果が期待できます。

 

 

その黒ニンニクの抗酸化力は白ニンニクのおよそ10倍です。それに加えてがんの予防効果が期待できる成分であるS-アリルシステイン、ポリフェノールやアミノ酸は数倍から数十倍にも高まります。

 

老化においてはしわが増えたりして決して好ましいことではないが、ましてがんにおいては命の危険すら伴うので、がんの予防が期待できる黒ニンニクの恩恵を受けたくなるものです。

 

おまけに白ニンニクのような独特の臭みや刺激臭がなく、むしろ甘みを感じてニンニクとは思えない心地よい味わいを感じることができるので、ニンニク本来の先入観を捨てて黒ニンニクを積極的に摂取したいものです。”

カテゴリー: 黒にんにくの話。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です