生活習慣病予防に黒にんにくを食べたい

黒にんにくは黒い色の品種のにんにくなのかと思っていました。調べたら、普通のにんにくが化学反応を起こして熟成する過程で黒くなったものが黒にんにくで、品種は関係ないとのこと。

 

にんにくは健康に良いものというイメージがありますが、黒にんにくは普通のにんにくよりも有効成分が豊富に含まれています。

 

普通のにんにくも、抗酸化作用や抗がん作用が有名ですが、黒にんにくは更にすごいです。

 

普通のにんにくにはないS-アリルシステインというポリフェノールの一種が含まれていて、この成分には動脈硬化や血栓の原因になる悪玉コレステロールの酸化を防いでくれる効果が強いことが分かっていて、アルツハイマーなどの痴呆症にも効果が期待されている成分です。

 

熟成させることで、ポリフェノールやアミノ酸の含有量が通常のにんにくよりも多くなり、抗酸化作用は10倍になるとの検査結果も出ています。

 

どにんにくを食べるなら、普通のにんにくよりも黒にんにくの方が効果がありそうですね。

 

ただし、黒にんにくを通販するには注意点もあるみたいです。というのも、黒にんにくはその栄養成分を増加させるためには熟成方法やその期間も大きく関係しているからです。S-アリルシステインなどの栄養成分を最大限に増やすためには製法も大事なんですね。

 

黒にんにくの効果にも影響してくるので、製法については要チェックだと言えます。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です