黒にんにく、食わず嫌いは勿体無い

テレビや店頭で見たことはあったけど、実際に試したことはなかった黒にんにく。

健康に良いと言われても、生のにんにくのにおいが苦手で、にんにくの漬物なども好かないので、なんとなく避けてきた。

しかし先日、縁あって知人から頂いてしまった。

にんにく嫌いだから食べたことないと口にしたら、黒にんにくはにんにくと違うからと力説され、騙されたと思って食べてみなと押しつけるようにして渡された黒にんにく。頂いてしまったからには、食べざるを得ません。

皮付き丸ごと一個のにんにくを頂いたのだが、どうやって食べるのかさえわからない。ネット検索したところ、果物のように皮を剥いてそのまま食べるものらしい。

真っ黒な実は、にんにく独特のにおいはせず、思ったより柔らかい。恐る恐る齧ると、不思議な食感と甘み。にんにくとは全く異なる食感に困惑しつつ、残りを口に入れて咀嚼。ドライフルーツのような歯応えと甘みです。確かににんにくと黒にんにくは全く別物で、びっくりしました。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です