黒にんにくだったら毎日食べられる。

私が初めて黒にんにくの存在を知ったのは、田舎にあるひなびたお風呂屋さんの売店でした。

 

そこには小さな販売コーナーがあり、黒にんにくについてその効果や詳しい商品についてなど説明書きがたくさん書かれていて、とても魅力を感じました。

 

それまで1度も見たことも聞いたこともなかったので、私の勝手な印象ではとても臭くて食べにくくて、挑戦してみようとは思いませんでした。

 

しかしそのキャッチコピーを見てみると臭いが全くないと言う事だったので、本当かどうかとても不思議に思いました。生で食べても費用としてもあんなに臭いニンニクがどうして臭くない状態になっているのかとても気になってしまい、生まれて初めて黒にんにくをそこで購入したのです。

 

 

健康管理については以前から意識があり、黒にんにくは非常に体によく、血行促進や血液サラサラなどたくさんの効能がありそうなので早速家に帰ったら食べてみようと思いました。

 

食べてびっくり全くにおいがなくまるで干しプルーンのような、甘いデザートのようでした。これなら毎日食べられると思いました。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です