黒ニンニクは白ニンニクと違って重要な栄養成分も失われない

最近、黒ニンニクという言葉をよく聞きますが、実際のところ外見上には違和感を感じがちである黒いニンニクは果たしてどのような効能があるのか疑問に思うことも多いかもしれません。

 

黒ニンニクは白ニンニクと違って独特の臭みや刺激がないのがに魅力的です。

 

本来ニンニクには疲労回復や元気や活力の源で長所であるのに、独特に臭みが気になって敬遠しがちになりますが、黒いニンニクだとそのようなデメリットがないので摂取しやすくなります。

 

白いニンニクの臭みはニンニクを切ったりすりおろしたりするときに生じるアリシンという成分が原因です。

 

このように不快な症状をひきおこすアリシンですが、実際のところ、スタミナを増強したりがんを防ぐことが期待できたりと健康の促進につながるとても大切な成分なのです。

 

しかし調理の過程でニンニクを高温で加熱するといやな臭みこそは消えますが、健康の促進につながる成分まで消えてしまうのは悲しいことです。

 

そのような問題を解決するには黒ニンニクの出番となります。

 

黒ニンニクは白ニンニクのような独特の臭みや刺激がないばかりか、がんの予防が期待できたりスタミナ増強などと大切な健康を促進する成分は失われないので、健康促進のためにニンニクを食べたいと思うならばぜひ黒ニンニクを試してみられることをおすすめします。

カテゴリー: 黒にんにくの話。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です